読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dotei.tgz

童貞・非モテ大学生時代のリビドー日記書庫

初小説に挑戦してみました。 都澤OQR『アルムの山に響く音色』

一応18禁で。

フィー・・・

―――――――遠くで指笛が聞こえた。


異変に気づいたのはつい先日。
いつものように遊びにやってくるはずのあの子がこない。
妹のように可愛がって居たあの子。
生まれたときから世話をして肉親のように思っていた。
「ユキはどうしたの?」

問われた羊飼いの少年は顔を伏せながら応えた。
「今日はちょっと病気で連れてきてないんだ。でもきっとすぐに元気になるよ」

「まぁ大変!ちょっと様子を見に行かなくちゃ、連れて行って」
大切な妹が病気だと聞いて気が気で無かった。

「いや、ダメだよ。今近づくと病気が移っちゃうかも知れないし・・・」

「大丈夫よ!あたしはこ〜んなに元気なんだから!病気なんてへっちゃらよ!」
胸をふくらませて、ドンと叩いて自分の健やかさを強調した。

「と、とにかく・・・ダメだよ・・・絶対来ちゃダメだからね!」
少年は慌てた様子でそそくさと去ってしまった。


何か怪しい。彼は隠し事をしている。ユキはどうなったのだろう。
少女は後をつけた。


少年は小屋の中へと入っていった。
しばらくして、少女も小屋へと入った。
小屋の中にはたくさんの山羊や羊が犇めいていたが、
そこにはユキの姿は無かった。


「どうしたの!?ユキはどこへ行っちゃったの!?」


少年は突然の大声にびっくりして尻餅をついた。
その少年に近寄り問い詰める少女

「じつは・・・」
重かった少年の口が開いた。



―――――――気がつけば少女は走り出していた。
アルプスの山の中を、ひたすら走っていた。
居なくなってしまった妹を捜して。

≪いつでもさがしてるよ、どっかに君の姿を。≫
≪向かいの岩肌、干し草の中、こんなとこに居るはずもないのに≫

夢中で駆けていた。
少女は周りが見えていなかった。
ただただ、緑の背景の中に、雪色を見つけようとしていたのだ。


どれほど走ったのだろうか、自分の庭だったはずのアルムの山が見知らぬ土地に変わっていた。

ユキはもう居ない。分かっているはずなのに、自分の心はそれを認めない。
呼べばすぐにいつものあの顔、あの目、あの声が私に返ってくるはずなんだ。
「ユキちゃぁああああああああああああん」
少女は叫んだ。


「ユキちゃぁああああああああああああん」
「ユキちゃぁああああああああああああん」
「ユキちゃぁああああああああああああん」
「ユキちゃぁああああああああああああん」
返ってきたのは、山彦だけだった。


気がつけば、頬を涙が伝っていた。
少女は泣きじゃくった。体中のエビアンが完売御礼になってしまうかのように泣いた。
もう350mlペット分すら出ない。
そんな時、声が聞こえた。


「メェェェェ」


「ユキ!?ユキなの!?どこ、ユキちゃん!?」
少女はあたりを見回し、そして手を耳に添えて声の聞こえる方へと歩いていった。

「メェェェ」
「そっちなのね、今行くわ。」「心配したのよ、どこへ行ってたの。」


少女の足取りは、ゆっくりと崖へと向かっていた。

「メェェェ」
あと10m

「メェェェ」
あと5m

「メェェェ」
あと3m、2m、1m、50cm、40cm、30cm、20cm、10cm、5cm・・・


―――――――フィー

少女は我に返った。目の前には切り立った崖が。底は真っ暗で何も見えない。


「捜し物は何ですか?見つけにくいモノですか?机の中も鞄の中も探したけれど見つからないのに」
ユキとは違う人の声が聞こえた。


「まだまだ探す気ですか、それより僕と踊りませんか」
その声はだんだんと近づいて・・・・


「ハイリ!こんなところで何やってるんだ!!」
少年は少女を抱きしめて崖から離れた。


「ピーター・・・ユキ、ユキが私を呼んでいたの・・・」
ハイリは小さな声で言った。
「ユキはもう死んだんだ・・・もうアルムの山には居ないんだ・・・」
ピーターは優しくハイリに諭した。


再び涙を流すハイリ。
「分かっていたの。もうユキは居ないって。でも、あたしそれが認められ無くって・・・」
ハイリはピーターの胸の中で泣いた。


「いつまでも泣いていたら、ユキが心配しちゃうよ。ハイリはユキのお姉さんなんだから、しっかりしなくちゃいけない。」
ハイリはうなずいて、言った。


「そう・・・そうよね、あたしがしっかりしなくちゃ、いつまでも子供のままのお姉ちゃんじゃ、ユキが心配しちゃう。」
股間に当たる熱いモノを感じながら、ハイリは決心した。


「あたし、オトナになりたい。ピーター、手伝って」


「えっ・・」
驚いたのもつかの間、ピーターの唇はハイリの唇でふさがれていた。


いきなりのことに戸惑いながらも、ピーターは自分の口の中に入ってくるハイリの舌を思いっきり吸っていた。
絡み合う舌と舌。
二人の吐息は熱を帯びていく・・・


互いに体をまさぐりあい、熱を確かめた。
春とはいえ、ココはアルプス。空気は澄んでいて、すこし冷たかった。
そんなことを気にせず、二人は愛撫を繰り広げていた。


クチュ、クチュ・・・
アルムの山にいやらしい音が響いた。


「ハイリ、もうそろそろ・・・」
ピーターのチョモランマは限界寸前だった。
「うん、きて・・・ピーター」
同じく、ハイリのレマン湖にも雪解け水が充ち満ちていた。


そして一つになる二人。

「あぁ、気持ちいいよハイリ、あぁ、あぁ」
ひたすらに腰を振るピーター
「あぁ、いい、いぃ、初めてなのにきもちいいぃ」
ハイリも思わず腰を振っていた。


ピーターは腰を振りながらハイリの乳首をクリクリした。
「あぁ、乳首、乳首らめぇぇ、気持ちいいぃぃ〜」
「立ってる!乳首がたってる!立ってるわピーター!」
ハイリは、あまりの気持ちよさに気がおかしくなりそうだった。


「今度は後ろから」
体位をバックに変えてピーターはまた腰を振った。


「あぁ、すごい、すごいわ、ペーター!あたしまるで山羊みたい!」
大きく口を開けて感じるままに身を任すハイリ。その口からはよだれが垂れていた。
「あたし山羊みたいな体位で感じちゃってる!!あぁらメェェェ!」


「らメェェェ」


ハイリは、初めての快楽におぼれながら、緑の中に雪色を見つけた。


「あぁ、ピーター、みてぇ、あそこにユキが、ユキが・・・」
「本当だ、ハイリ、ユキが見てるよ。オトナになったハイリをユキが見に来たんだ!」


「ユキ、みてぇ、オトナになってくあたしをみてぇぇえぇ」
「あぁ、ハイリ・・・そろそろ行くよ・・・山羊に見られながらピーターミルクをハイリに注ぐよ!」
「ピーター、きてぇっ」
「あぁ、いく、いっちゃう。あぁ、あぁ・・・」


「「ヤッホー!!!」」
そして二人は絶頂した。



―――――――「ピィー」
帰路の途中。
ハイリは、口笛を吹いた。
その音はどこまでも遠く遠く、響いた。


「あの子の所まで、届いたかな」
「きっと、きっと聞こえてるよ」


そこにはかつての無邪気な少女は居なかった。