読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dotei.tgz

童貞・非モテ大学生時代のリビドー日記書庫

ゆる〜くぬる〜く甲子園いっても良いじゃん

『おおきくふりかぶって』なんかの野球漫画を読んだり、熱闘甲子園の文字を見たりすると
高校野球、甲子園は熱くなくてはいけない、世の中そんな風潮があるように思える。
たしかに、帯ギュ少女ファイトなど熱いスポーツ漫画は面白い。
しかし、我々は忘れてはいけない。


自分が本来スポーツに燃える人間と全く無縁であることを。
学生時代は帰宅部、もしくはパソコン部などの名ばかりのオタク部に所属し、
体育の時間、サッカーやバスケのチーム分けではまるで爆弾のように押しつけあわれ、
コートの隅っこでぽつんと棒立ちしていた。クラスの中心である体育会系のノリが大っ嫌いでしょうがない。
あわよくば普段着がジャージのやつ全員が剥離骨折すれば良いのに。なんて思って生きてきたでしょ。
どうやったらスポーツに熱中出来るのか毛頭理解出来ない。


デブが運動部入ろうとしたら悪いかよ、いいよもう帰宅部で。
別にスポーツ自体は嫌いじゃあない。部活でも飽きるぐらいにやってるサッカーをなぜ体育の授業中まで本気出すんだよ。
お前達とは違ってこちとら運動してないんじゃ、過度の要求するな!


体育の授業ってなんで下手くそ同士でチーム作ってやらせてくんないの?実力均等に分けるとチーム内で力量差ありすぎで皆ストレスたまるでしょ。
下手くそは下手くそだけでチーム組んで下手くそ同士で試合すればそれなりに面白いはずなのに。
俺たちのスポーツには熱はいらんのよ。ぬるさとゆるさ、これこそが必要なの。


甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)

甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)


そんな卑屈な俺は川原泉の『甲子園の空に笑え!』を読んですごい心地よかった。
新任生物教師の広岡真理子はド田舎の弱小高校、豆の木高校の野球部の監督をまかされることになった。
部員は9人のみで皆お気楽。頭の中は一年中春めいている。抱負は一回戦初勝利。
野球経験皆無の広岡がそんなぬるい野球部の監督を続けた理由はやってみたら自分が意外とノックが上手だったから。
そしてそのノックで部員が転げ回る様が愉快だったから。
ノックで尊敬されたことを機に広岡は野球理論を勉強し始める。


しかし、この漫画一向に熱くならない。
念願の初勝利は不戦勝、ノックで鍛えた守備力と異常なまでの幸運で豆の木野球部は甲子園出場を果たし、勝ち進んで行く。
この漫画では根性や努力は殆ど描かれていない。
主人公である広岡はむしろさめている方であるし(「大声出せば優勝出来るのかよ」との発言もある)部員は皆のほほんとしている。
努力はしているけどそれを押し売りしない。そこが川原作品の良い所。
ゆる〜くても楽しかった。幸せだった。それで良いじゃない。


熱い漫画が大好きな人もたまにはぬるま湯に浸かってゆっくりしてはいかがでしょうか。


川原泉の文庫ってお得だよね。1つに何本も名作中編が載ってるし。
同時収録の『銀のロマンティック・・・わはは』も良いよ。